Case study

導入事例

社会福祉法人 
清琉会様

社会福祉法人 清琉会

「あなたの安心のために」を法人理念に、平成元年に創立された社会福祉法人清琉会様。
2014年3月にコメットケアを導入、2019年5月にはオンプレ版からクラウド版に移行されました。
重点目標の1つに「ICTの充実」を掲げる清琉会様に、導入の経緯、使用状況、クラウド版に移行された理由などを伺いました。

  • IT化することが目的ではなく、どうすればご利用者様と関わる時間を増やせるかを考えた。

  • コメットケアの導入は、2014年3月、愛甲グリーンホーム(グループホーム)を開所した時です。
    高松山グリーンホーム(グループホーム)とともに2施設同時に導入しました。

    • その背景には、「業務をもっと効率化したい、ご利用者様と関わる時間をもっと増やしたい」という、理事長の強い思いがありました。介護記録システムの導入は、それを実現する手法としてどういう形が一番いいのかを考えた結果です。現在では、玉川グリーンホーム(特別養護老人ホーム)、小町山グリーンホーム(サービス付き高齢者向け住宅)にも導入し、法人全体でコメットケアを活用しています。

  • 介護記録システムは、あえて請求システムとは異なるメーカーのシステムを選んだ。

  • 介護記録システムの選定にあたって、保険請求システムと同じメーカーにするか、単独の記録システムにするかをまずは考えました。いうまでもなく保険請求と介護記録、どちらも大切な業務です。「請求と記録を同じメーカーにすると一部の担当者の利便性向上が期待できるものの、万が一不測のトラブルがあった場合に、施設全体の業務がストップしてしまうことになります。これはリスクマネジメントの観点から避けた方が良いという判断もあり、熟慮の末に、単独の記録システムを導入することに決めました。

  • 記録時間が短縮し、情報共有が簡単になった。
    その結果、ご利用者様と関わる時間が増加した。

  • コメットケアを導入する際には、完全移行時期を決めた上で3か月程度、手書きとの併用期間を設けました。不慣れなうちはPCやiPadでの入力に苦労する職員もいましたが、全職員が問題意識を共有できていたこともあり、試行錯誤しながらも徐々に浸透していきました。
    また、スムーズに導入できたのは、コメットケアの操作性の良さも関係していたと思います。コメットケアは、PCとiPadの入力画面が同じなので操作を覚えやすく、タッチ入力でほとんどの記録を登録できることもあり、キーボードが苦手な方も受け入れやすかったと思います。

    ※ iPadは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

    • 手書きからコメットケアへ移行した結果については、おおむね狙い通りの効果が得られたと思っています。介護スタッフ、看護師など、多様なスタッフが登録した記録を、全ての職員が画面上で簡単に共有できることは非常に役に立ちました。操作に慣れるにつれて、記録に関わる時間が短縮できること、ご利用者様と関わる時間を増やせることを実感しました。

  • クラウドサービスはメリット(サーバ管理不要、データ保護、セキュリティ面)が大きいと判断した。

  • サーバ管理が煩雑になっていたこともあり、2019年5月からクラウド版コメットケアに移行しました。
    これまでクラウドサービスに対して、セキュリティやコストの面から漠然とした不安や懸念を持っていましたが、改めて情報を集めてみるとクラウドの方がいいのではないかと思うようになりました。また、フリービットのクラウドサービスはしっかりとした自社サービスであり、安心して任せることができると判断しました。
    加えて、クラウド版コメットケアではフリービットクラウド セキュリティSIM(※)をiPadに装着することで、外出先でも安全にコメットケアに接続することができます。そのため今では付き添いで病院に行った際、待ち時間に結果を入力するなどして、時間を有効活用できています。また、iPadでバイタルがどのように変化しているかも簡単に示すことができるので大変便利です。現在は紙の資料も持参していますが、コメットケアに登録する情報を整理することで、iPadだけでも対応できるようにしたいと思います。

    ※ フリービットクラウド セキュリティSIM:インターネットを経由することなく、ドコモのサービス網から直接フリービットのクラウド環境へアクセス可能です。閉域アクセスとなるため、個人情報を多く含む介護記録の通信でも安心してご利用いただけます。

  • 今後の課題

  • コメットケアを導入してから6年が経過しましたが、まだまだ活用の余地があると思っています。様々な機能を職員全員で活用できるよう、研修会などを通じて理解を深めていきたいと思います。

  • 社会福祉法人 清琉会

  • 社会福祉法人 清琉会

    〒243-0125 神奈川県厚木市小野734 番地の2
    TEL 046-248-7778
    http://seiryukai1989.com/

    開設 1989年3月
    施設入所定員 玉川グリーンホーム:120名
    (うち短期16名)
    高松山グリーンホーム:18名
    愛甲グリーンホーム:18名
    小町山グリーンホーム:48戸
社会福祉法人 清琉会

コメットケア導入時期

2014年5月(コメットケアVer.2)

システム導入状況

玉川グリーンホーム(特別養護老人ホーム)
PC:11台 / iPad:12台
高松山グリーンホーム(グループホーム)
PC:2台 / iPad:2台
愛甲グリーンホーム(グループホーム)
PC:2台 / iPad:2台
小町山グリーンホーム(サービス付き高齢者向け住宅)
PC:3台 / iPad:2台

介護記録システム『コメットケア』の導入対象となる施設

  • 介護付き有料老人ホーム(特定施設)
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)
  • グループホーム
  • 特別養護老人ホーム(特養)
  • 介護老人保健施設(老健)
  • デイサービス(通所)
  • ショートステイ

お気軽にご相談ください!