LIFE webサービス

▼お問合せ先

株式会社くすりの窓口 介護事業部

03-6416-0957

LIFE Webサービスは、
くすりの窓口が提供するLIFE対応サービスです

LIFEについて

くすりの窓口では厚生労働省が推進する科学的介護情報システム「LIFE※」へ対応したWebサービスをご提供致します。
厚生労働省では、自立支援等の効果が科学的に裏付けられた介護を実現するために必要なデータを収集・分析するための「データベース」の構築を行い、2020年5月より運用を開始致しております。
2021年度からは、CHASE・VISITの一体運用を開始するにあたり、科学的介護の理解と浸透を図る観点から、
名称が「LIFE※」へと変更されました。
くすりの窓口は、LIEF対応のサービスを2021年4月末より開始致します。

※「科学的介護情報システム(Long-term care Information system For Evidence;LIFE ライフ)」

お問合せ先はこちら

株式会社くすりの窓口 介護事業部

TEL:03-6416-0957

【受付時間】平日10:00~17:00

新着情報

2021年
  • 2021-4-27
    LIFE Webサービスのサイトをアップしました。

LIFEの機能紹介

  • コメットケア・ケア記録アプリにご登録の利用者情報を取込むことができます。

    コメットケア・ケア記録アプリにご登録の利用者情報を取込むことができます。

  • 他のLIFE対応の介護システムからもデータを取込むことが可能です。

    他のLIFE対応の介護システムからもデータを取込むことが可能です。

  • 履歴管理が可能で前回を含めた過去値を確認しながら入力が可能です。

    履歴管理が可能で前回を含めた過去値を確認しながら入力が可能です。

  • 前回を含めた過去値をコピーできるので、入力負担が軽減できます。

    前回を含めた過去値をコピーできるので、入力負担が軽減できます。

  • 計画書作成から実績・評価・データ出力まで、ワンストップで運用が可能です。

    計画書作成から実績・評価・データ出力まで、ワンストップで運用が可能です。

  • 当該サービスで作成したデータは、加工せずにLIFE提出用にCSVファイルが出力可能です。

    当該サービスで作成したデータは、加工せずにLIFE提出用にCSVファイルが出力可能です。

システム連携イメージ

LIFE Webサービスでは、LIFE対応の請求システムなどからのデータもまとめることができ、簡単に入力・集計ができるようになります。LIFEデータの一元管理がおこなえ入力・取込み・連携された情報を蓄積し、より簡単にPDCAサイクルを実行できます。

「LIFE」利用の流れと運用の流れについて

※厚生労働省LIFE専用サイトに掲載された「導入手順書」「操作説明書」より引用、編集加工しています。
 最新情報はLIFE専用サイト「https://life.mhlw.go.jp/」の「LIFEについて」でご確認ください。

「科学的介護」に向けた『LIFE』(ライフ)

目的

  • エビデンスに基づいた介護の実践

    エビデンスに基づいた
    介護の実践

  • 現場から収集・蓄積・分析 (科学的に妥当性がある指標)

    現場から収集・蓄積・分析(科学的に妥当性がある指標)

  • 分析の成果を 現場にフィードバック

    分析の成果を現場に
    フィードバック

収集の対象とする項目

  • ①信頼性・妥当性があり科学的測定が可能な項目
  • ②データの収集に新たな負荷がかからないもの
  • ③国際的に比較が可能なもの(日常生活動作(BI)、栄養の指標(BMI)、褥瘡の指標(DESIGN-R))

具体的な項目

01.「基本的な項目」(LIFEに入力されるべき項目)

  • 1.総論(ADL等)

    • 基本情報
      (保険者番号、被保険者番号、事業所番号、性別、生年月日)
    • 既往歴
    • 服薬情報
    • 同居家族等/家族等が介護できる時間
    • Barthel Index
      (国際的アセスメントツール)
    • 在宅復帰の有無
    • 障害高齢者の日常生活自立度
    • 認知症高齢者の日常生活自立度
  • 2.口腔・栄養

    • 身長
    • 体重
    • 低栄養状態のリスクレベル
    • 栄養補給法
    • 経口摂取
    • 嚥下調整食の必要性
    • 食事形態
    • とろみ
    • 食事摂取量
    • 必要栄養量_エネルギー
    • 必要栄養量_たんぱく質
    • 提供栄養量_エネルギー
    • 提供栄養量_たんぱく質
    • 血清アルブミン値
    • 褥瘡の有無
    • 口腔の健康状態
    • 誤嚥性肺炎の既往歴等
  • 3.認知症

    • 認知症の既往歴等
    • 「DBD13」(認知症の周辺症状に係る指標)
    • 「Vitality Index」(意欲の指標)

対象となる加算

科学的介護推進体制加算・科学的介護推進体制加算Ⅰ・科学的介護推進体制加算Ⅱ

02.「目的に応じた項目」(加算の対象となる事業所が入力すべき項目)

対応する様式 対象となる加算
・生活機能チェックシート/個別機能訓練計画書 → 個別機能訓練加算
・特定の様式なし → ADL維持等加算
・自立支援促進に関する評価/支援計画書 → 自立支援促進加算
・褥瘡対策に関するスクリーニング/ケア計画書 → 褥瘡マネジメント加算
・排せつの状態に関するスクリーニング/支援計画書 → 排せつ支援加算
・薬剤変更等に係る情報提供書 → かかりつけ医連携薬剤調整加算
・栄養/摂食嚥下スクリーニング/アセスメント/モニタリング(施設) → 栄養マネジメント強化加算
・栄養スクリーニング/アセスメント/モニタリング(通所・居宅) → 栄養アセスメント加算
・口腔衛生管理加算様式(実施計画) → 口腔衛生管理加算
・口腔機能向上サービスに関する計画書 → 口腔機能向上加算
・リハビリテーション計画書 → リハビリテーションマネジメント加算
・リハビリテーション計画書 → リハビリテーションマネジメント計画書情報加算

03.「その他の項目」(任意に入力すべき項目)

  • 1.総論(ADL等)
    ・各アセスメント様式評価情報 ← ADL等のアセスメント方式
    ・基本チェックリスト情報 ← 介護予防ケアマネジメント
    ・FIM(機能的自立度評価表)
  • 2.認知症
    ・ 改定長谷川式認知症スケール

対象となる領域

  • ① 介護給付
  • ② 予防給付
  • ③ 介護予防 / 日常生活支援総合事業

フィードバック

  • ① 利用者
  • ② 介護者
  • ③ 事業者
  • ④ 保険者(自治体)

「CHASE」・「VISIT」を一体的に運用

科学的介護情報システム「LIFE」へ統合

LIFEの活用等が要件として含まれる加算一覧(施設・サービス別)